やまむーめも

uzu/やまむーの日記というかめも

ソシャゲ総括201901

毎月書いてるこのテーマ、完全に「自分が○月だと思いこんでいる期間のソシャゲ事情」を書くものと化してしまっている感が。

アズールレーン

(主に)1月は復刻系のが中心だったのでイベントはまあそこそこって感じなのだろうか。旧正月春節)関連はまあ豪華。さすがは向こうのゲーム。
建造はイベントに伴うのと、春節に伴うのとあったわけだが、まあ苦戦したわね。春節に伴うやつは、小型建造なもんだから沼・沼・沼。そういやサンディエゴって出やすかった(体感)わね。とはいえ、キューブを結構減らしながらも目玉はしっかり建造できた。そして去年放置してた、太原や長春も建造できた。
着せ替えは相変わらず魅力的すぎる。公式でここまでやるかあって感じね。新年のは伊吹・セントルイス・エルドリッジを買ったのかな。Live2Dってすげえなあ。春節のも魅力的すぎて逆に困るわね。マラニーは抑えたいとこだし、キュラソー・カーリューも魅力的だし…。長春や太原もいいわねえ…。

ミリシタ

12月の濃い内容とは対照的に内容は薄め。望月杏奈ちゃんと七尾百合子ちゃんのイベントは久々に気を引かれたので多分そこそこにやるんじゃないかな。ガチャはお休み中。

デレステ

宝くじは案の定?の結果に終わった。そこそこですね()。まあ4等なんて当たるわけがねえわ。
スカチケはまた悩む羽目にはなったが三好紗南ちゃんにした。鷹富士茄子さんとか小日向美穂ちゃんあたりと迷ったわね。まあそのあたりも今後はって感じ。

艦これ

基本的には前回参照。節分イベはそこそこに頑張りたい。あと大型建造で武蔵を引いた。あとは大和とか大鳳ってあたりか。あと神威も入手できてねえか。まあしかし大型建造、いい引きをした記憶がないに等しい。あきつ丸とか伊401は大型で入手したんだろうけど。Bismarckを結局ここ最近のイベントのドロップで入手したのがその感覚に拍車かけてるわね。

きららファンタジア

とりあえずメインのお話に区切りがついたらしいので、ドドドドッと終わらせた。最後の方は助っ人パワーに大いに頼ったが。(何故か)よく出る助っ人なチノちゃんには大いに助けられた。アルシーヴ倒して終わり、でよかったわ。個人的にはもう一つくらいやべーのがいるのでは、ってビクビクしてたわね。
ガチャは相変わらずなあ。めぐねえが実装されたので、星5の水はかなり揃ってるとか、もっと言えば星5の水のアルケミストは既に持ってるとかいうのを完全に無視して石をぶっこんだ。が、星5出たと思ったらランプだったときは流石に怒りってものがね。悪いわけではないが、なんのために(ランプではなく)めぐねえがピックアップされてる方のガチャを引いてると思ってるんだよ。流石にこれには実装した人間に呆れというか怒りというか。もっと引きに行っても良かったが、鹵獲できることが判明敵としてひたすらボコボコ叩いてた連中も使える方面になるのでは、とアルシーヴ実装で感じたので、今後七賢者連中が実装されることがあったときのために溜めとくかあって感じ。運が良くないとこのゲーム、辛い所あるし。あとは強化か。あまりにも弱いことがストーリーの攻略やってて判明してしまったし。

とじみこ

今月あたりからメインのストーリーがまたより進みそうね。そろそろ鎌府のおばs高津がいろいろと動くあたりに入って来るんだろうなあと。問題はそのあたりのアニメでの記憶があんまりなくて、特に綾小路がアニメでどんなだったかなあってのがほぼ思い出せないのが。流石にここまで来るとアニメもう一度見ないと問題か。

まとめ

やっぱりソシャゲって闇だわ。

アレの2019冬イベ振り返り

あんまり力入れてないので個別で書くかは悩みどころだったがちょっと苛ついたので言いたいことが多いので個別で書くかなーって。ということで「邀撃!ブイン防衛作戦」振り返りです。最後の方は愚痴もそこそこにあります。ちなみに邀撃の「邀」の字の読み方がようわからんかったです。「よう」って読むんすね。

各海域の攻略

今回は乙以上で行く気が無かったので特効考慮しつつ好みも混ぜて最初から出し惜しみせずって感じの編成で。

E1

中部ソロモン海鼠輸送 ~ブラケット水道/クラ湾沖~

  • 難易度→丁

  • 使用編成

    輸送ゲージ 戦力ゲージ
    霞改二乙 霞改二乙
    江風改二 鳥海改二
    朝潮改二丁 古鷹改二
    村雨改二 神通改二
    江風改二
    村雨改二
  • 出撃回数→輸送4回/戦力4回

  • 主なドロップ→特になし

  • コメント→報酬的に丙でやるくらいなら丁でええやん、っていうのが。改修の素材などとして要求される22号対水上電探はともかく、洋上補給は使ったことがないけど(一応課金アイテムではあるので)捨てる気にもならず溜め込んでいるなどから考えて別に丁でええかって。おにぎりは改修してやればネジがプラス収支になるので改修って道もあったりするが、洋上補給はそれがねえのがな。電探は悩みどころではあるけど、現状でも使えずストックとして腐ってるのがあるのでまあええかあって感じ。必要になれば適当に落ちたの改造すれば手に入るやろ(慢心)。
    まあ丁なだけあって楽だった。

E2

六〇三作戦 ~ラバウル/中部ソロモン海域~

  • 難易度→丙

  • 使用編成

    1本目 2本目(第1) 2本目(第2)
    Bismarck drei Nelson改 Prinz Eugen
    鳥海改二 古鷹改二 夕立改二
    神通改二 Bismarck drei 照月改
    潮改二 筑摩改二 長波改二
    長波改二 鳥海改二 潮改二
    瑞鳳改二乙 利根改二 由良改二
  • 出撃回数→1本目4回/ギミック1回/2本目4回

  • 主なドロップ→早波

  • コメント→この前のイベントでBismarck手に入れてからというもの、Bismarckしゅき~(dreiが)ってなってるので、今回のイベント、戦艦枠に頑なに起用している。攻略に関しては特筆するようなことはない。というか特筆するようなことを今回のイベントでは残していないのである(余裕がなかったので)。スタート地点出すギミックはやったけど、ショートカットのためのはやらなかったわね。Nelsonはネルソンタッチのため。
    あと今回も忌々しきPTが居て精神がややアレだった。補強増設に金使ってもらいてえんだろうな運営は。課金しなくてもそこそこは入手してるのではって?ごもっともです。まあそこまで致命的にはならなかったといえばそうだが。でもやる気あって上の難易度に挑戦してたらクソゴミPT、二度と顔を見せるな、天霧ちゃんで潰させろ(衝突)って喚いてたと思うよ。
    早波ちゃんはゲージ割ったときに来てくれた。いい娘だねえ。
    あと1本目のときも2本目のときも基地航空隊の操作ミスって最初に出たときに基地航空隊が来なかった。うーんこの。しかしE2攻略時に基地航空隊でああなろうとは予想だにしていなかったのである。詳しくは下見てちょ。

E3

南海第四守備隊輸送作戦 ~中部ソロモン海域 ブーゲンビル島沖~

  • 難易度→丙

  • 使用編成

    輸送 戦力(第1) 戦力(第2)
    満潮改二 Nelson改 萩風改
    鬼怒改二 Saratoga Mk.2 北上改二
    霞改二乙 Bismarck drei 大井改二
    Bismarck drei 利根改二 磯風乙改
    翔鶴改二甲 筑摩改二 阿武隈改二
    瑞鶴改二甲 Commandant Teste改 朝潮改二丁
  • 出撃回数→輸送5回/戦力14回(道中撤退3回)

  • 主なドロップ→福江

  • コメント→今回のイベント、難易度低めで行ってるだけに楽でいいわね~とか思ってたら最後の最後でクソみたいに苦しむ事となった。とにかくラストが割れねえ。戦艦棲姫2匹が高い壁になってやがる。結局クリア時は基地航空隊を頑張って熟練度MAXにして、決戦支援も入って、先制雷撃、ネルソンタッチがうまく噛みあって割れた。戦略というよりも運の良さを引いてるみたいでなんだかなあ。前のイベントの最終海域もそんな感じあったが、基地航空隊と決戦支援の働き次第でお通夜ムードになるってのはどうなのよって。自分を戦略性のあるゲームだと思ってる異○者とでも罵ってやりてえ気分だ。
    ギミックはやってないです。
    磯風は特効があるらしいが個人的にはあんまり体感はなかった。萩風はかなり効いた感じ。気持ちがいい。
    前回、クソ○女にはかなり苦しめられたような気がするが、今回もクソ幼○に苦しめられた。PTも戦艦棲姫もうぜえといやあうぜえが、潜水新棲姫がトップクラスで嫌いだわね。攻撃するたびに喚いてくるので。次点がキャハキャハ五月蝿くて、HP自体はクソザコナメクジだが…なPTくんか。それらに比べたら戦艦棲姫なんて可愛いもんだわ。ギャアギャア喚かねえから。
    なお、この海域でも1本目、2本目と一番最初の出撃時に基地航空隊の出し方をミスった。E2でミスしたあああってなったときにはこうなるとは予想していなかった。当然のことながら。

掘り

大した成果は得られなかった。というか試行回数自体少なくてE3をたったの6回。そしてそのうち1回は潜水のアレにキツーイ一発をお見舞いされたのでノーカン同然である。

感想

難易度相応の楽さと最後はまあイベントらしい辛さだったんじゃない。満足とは言ってないけど。ジョンストンなどというものは知らない。知らないです。
しかし基地航空隊が出せるとこをゲージごとに分けると4つになるわけだが、その全てで1回ずつミスしたって言うのは、我ながら脳の方がちょっと心配になりますわね。艦娘たちも呆れてそう。ミスしてるときの自分は意図したところに出してるつもりでやってるんですけどね。
あとイベントの難しさについて今更いろいろ言うつもりはないけど、イベント期間に新春特別任務被せてきたのに関しては痛烈に批判させてもらいたいわね。イベント期間なんて多くのプレイヤーがイベントに集中するのを運営側がわかってないわけがないだろう。ならなんでそのときにイベント終了時までっていう特別任務(そして無視するにはかなり躊躇するいい感じな報酬)をブチ込むのか。いやこれは流石に運営おかしいんじゃねえの?頭〇〇って無限に呼んでやりたいわね。被せるんだったら新規実装艦は全て報酬で配ってイベントにいつまでも張り付かんでええようにするくらいはやりゃあええものを。まあそれが出来たら艦○れ運営じゃないが(辛辣)。

まとめ

しつこいようだが今回はイベント云々よりもその期間内に新春特別任務を被せてくる運営に流石に多少頭にきた。そういう目で見ると攻撃受けてるから云々でいろいろ言ってて、流石に伸ばしたわけだが、「敵を利することになるのであんまり伸ばしたくはない」みたいなこと言ってたのも軽くイラッとなったわね。そのフレーズはいらんだろうと。まあ攻撃を誘発するってのはたしかにそうだし、運営からしたら敵に屈したみたいな屈辱感はあるのかもしれんが。しかし残念だがユーザーが知ったことじゃあないんだよなあ、プレイが進めにくいんだから(攻撃されるのはもちろん困ったことだが)。前から思ってたことだけどこの運営、ユーザーを利する(別に変な意味じゃなく)のが根本的に嫌いなんじゃねえか?いやまああんまりユーザーに得与えても金の入りは悪くなるからあんまりやってもではあるが、それでもユーザーを(ゲーム部分で)喜ばせる気足りてない感はあるわね。
愚痴終わり!閉廷!以上!解散!

ソシャゲ総括201812

年末年始体調崩したりで1文字すら総括かけてなかったので今頃の更新。

アズールレーン

うたわれるものコラボはガッツリやってた。
アドミラル・グラーフ・シュペーの復刻イベントは元のイベントこなしてたのでまあ別に…って感じ。
龍驤のイベントは終了日の昼にメンテまでなことに気づくも、飛行機の搭乗間近だったため時既に遅し。獲得叶わず復刻に期待って感じに。まあこのゲームはそう遠くないうちの復刻が期待できるからええわ。しかし思えば年末年始のグダグダっぷりはもう既にこの時点で始まっていたんだなあと。
天城や加賀(戦艦)のイベはそれなりに力入れてるって感じ。建造もそこまで沼にはまることなく、ごく普通の進み具合だったといえる。

ミリシタ

各種イベントはそこまでというのは未だに継続中。
何かの無償10連1回で木下ひなたを引いてた。
トピックはフェスの闇だろう。無償10連の範疇であまりにもフェス限矢吹可奈が出るもんだから(わりと好みというのもあるが)意地になってフェス限北沢志保引いたらぁ、ってなことやってたらまあアレなことに天井行きやがった。石を溜め込んでいたので課金は10連分だけだったが。300のアレでフェス限北沢志保を交換するまでに、佐竹美奈子(恒常)・北上麗花(恒常-2)・矢吹可奈(フェス限)・豊川風花(超ビーチバレー)・北沢志保(恒常)・春日未来(恒常)・周防桃子(恒常-1)・三浦あずさ(恒常-1)・横山奈緒(恒常)・馬場このみ(恒常)・水瀬伊織(恒常)・ロコ(恒常-1)・大神環(恒常-2)を新規に入手した。うわあ大豊作だ。まあいくらか被りも引いたがとんでもなかったのはフェス限矢吹可奈で、300回したなかで7回は引いてる。うわあちゃんとピックアップが働いてる。最終的には終わるギリギリで300連目引き終わってわりと焦った記憶がある。まあこれで暫くは引けそうにないわね。あとここの部分書くために調べてて気づいたけどだいたいどの娘も2枚はSSR実装されてるけど人によって1枚は限定モノだったり、どちらも恒常だったり差があるんすね。知らんかった。それから北沢志保は恒常・期間限定・フェス限と3種類揃ってることになるのか。
あと年明けに無償10連でジュリアを引いた。
こうしてみるとこの期間は(試行回数が多いのもあるが)過去にないレベルの豊作だったなあ。流石にフェス限矢吹可奈の大豊作は頭抱えるが。

デレステ

こちらもイベントはうーんって感じ。(欲しいものは当たらない)宝くじもどれくらい逃したのか把握してない。
ガチャは無償10連のみ、目玉の緒方智絵里が引けたのとフェス限渋谷凛が引けた。ご満悦。

艦これ

実家に戻る際にPCは持って帰っていたのだがなんか開く気になれなくて(年明けすぐに帰る予定だったので)イベントは家帰ってからでいいか~、とか思ってたら年明け早々体調悪化、無事帰宅は一週間ほど遅れることとなった。そしてその期間もあんまりやる気が起きず、帰ってからもやる気が戻らず1/12になってやっとスタートさせた。まあ難易度は丙か丁で。さてイベント終了予定まで1週間もないが終わるのかな?あと新春任務とかそんなん考慮しとらんよ状態。イベントで忙しいプレイヤーが多いだろうに正気か?実装した人間は。まあこのゲーム、一度逃すと(特にクリアすればもらえる系)尋常じゃないくらい相当な期間再入手の機会がないからイベントくらいはなんとかしねえとなあ。

その他

きらファンはガチャが渋くて最近はうーんって感じ。とじみこは話がどんどん進んできたわね。

まとめ

ソシャゲに関してはあらゆるグダグダが年末年始に凝縮されてた。そのころ体調も期間通して万全ではない状態だったし、年が明けるとひどいことになったし、今回実家帰ったのあまりにも地獄過ぎねえか?

雑記13

読○ジャイアンツさんへ
とんでもねえオフにしてくれやがってこの野郎。

…ということでオフの補強について書きますか。ガバガバな評価を書いてく。

炭谷

一年早く切られててもおかしくなかった河野がクビになったこともあり、(取らなければ)捕手が支配下5(阿部の復帰をカウントするなら+1だが…)、育成3と1軍~3軍まで回すなら捕手一人は欲しいというのはまあ確かにそうではある。とはいえ補償が発生する選手に手を出すのは疑問符しかなかったが…。
蓋を開けてみれば補償に内海である。コメントする言葉を失うというのが適切な表現すぎる。金銭補償で済めばプラス点だったがこのような結果ではブッちぎりでマイナス点をつけざるを得ない。愛着云々というよりも炭谷獲得に保証を要したということが大きい。運良く補償がなければ低い評価にはならなかっただろうが。
小林・大城あたりを併用を基本として…ってな感じで良かったろ感がね。

補償が発生しても、長野を選択されてもなお高評価できる補強。丸が打線に入る影響は非常に大きいだろう。

岩隈

正直なところ戦力となるかは疑問ではあるが、コーチ的なにかをやってくれるだろう。それだけでも収穫があるといえるはず。

中島

獲得は予想していなかった。代打要員?まあ若手にうまく影響与えてくれればみたいな評価。

その他

外国人についてはまともに情報収集してないのでノーコメント。クックに関しては弱点のリリーフ陣の補強ということだろう。活躍するのかは知らんが。まあ外国人選手については日本の野球に適応できるかというところが大きいと思ってるのでこれまでの実績にこだわりすぎてもみたいなところはなくもないだろう。

まとめ

補強に疑問符がつく連中もいるといっちゃいるが動いてるのは評価できるし、外野とリリーフを補強する姿勢は評価したい。
残念ながら失った戦力も小さくはない。今年予想外に活躍したベテラン左腕、開幕しばらくが微妙感あるが.270・10HRくらいは期待できるベテラン外野手。とはいえこのあたりを若手がそろそろ押しのけないと困る頃でもあるので若手にとってはチャンスだろう。若手を使わざるを得ない感が高まるのはまあいい傾向と言えるだろう。もちろん岡本のようにうまくいく例が簡単に出るとは思ってもないが。まあ補償に関しては有望な若手が選択されなかっただけ良かったんじゃない?愛着とか抜きにした戦力面では(というか愛着の話すると誰であれ、アレなことになるわけで)。
以上。

雑記12

年が明けてしまう前に一本は。

スマホが新しくなってしまったお話

12月の頭くらいにスマホが便器にドボンして無事お亡くなりになった。今年の春に買ったので1年どころか年内持たなかったことになる。さすがに手元に残ってる骨董品古いスマホをいつまでも代わりとして使うわけにはいかんので新しく購入するしかないわけだ。防水機種を購入してはどうかというありがたい忠告を頂いたが、結局Zenfone4Pro→Zenfone5Zという変更に落ち着いた。個人的にやっぱりZenfoneに魅力を感じてしまう。防水機能ないけど。

君はYMOを知っているか

最近秋ごろからYMOが(一部界隈で)熱いと思ったら砂原良徳リマスターの『NEUE TANZ』だけじゃなく、『イエロー・マジック・オーケストラ』とそのUS版、『ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー』のリマスター版が出てて、今後もアルファレコード時代のモノのリマスター版がリリースされるそうな。ちなみに私が一番好きなのは『東風』ですかね。(あまりにも月並すぎる好みを)許して。とはいえ『BGM』とか『テクノデリック』なんかに収録されてるのもかなりいいものですわね。
RYDEEN』や『TECHNOPOLIS』くらいしか耳にしたことが無いオタクもいろんなYMOの楽曲聴いて、どうぞ。『君に、胸キュン。』を出してくるオタクがいたら流石に私よりも年上以上の可能性が濃厚だろうが。
まあ要するに、最近YMOが熱くなってる気がするし、YMOが好きだなあって。

まとめ

今回は以上。年明ける前に一つは書くために適当な感じになったが。本年はここまで。

ソシャゲ総括201811(11月の話とは言っていない)

日記を書く気力が全く起きなかったので更新がこんな頃になった。まあ丸一ヶ月放置しなかっただけ…。とりあえず年内にあと1回か2回は書くかな。

アズールレーン

とりあえずはまあ、脚・脚・脚(足)って感じのコンコードちゃんかねえ。しっかり建造できたのでご満悦って感じ。イベントもまあこなせてるわね。他のソシャゲと違って。

艦これ

大型建造で期待した成果が得られなかったりしたもののまあ備蓄・育成・備蓄って感じで…。

デレステ

引くのもしねえ、イベントもまともに走らねえ、書くことがないわね。

ミリシタ

書くことがあるとすればSSRの七尾百合子ちゃんをセレクトしたことくらいか?

きららファンタジア

なかなか本編を進められていないが、イベントについては一応一通りはストーリー見てるかなって感じ。

とじみこ

メインストーリーがなんかすごい方向に進みそうだぞってなってきた。アニメの後半は一気に見てそこまで頭に入ってないのでそろそろもう一度見返さないと何があったかよくわかんなくなりそう。

まとめ

総括する記事だというのにソシャゲをあんまりやってないから薄っぺらい記事になってやがる。年内になにか書けるよう頑張りたいわね。

カスタムしたメイドさんを眺めてみる

今回はメイドさんのアレがテーマ。

導入

(かなり力入れてエディットしてる)お気に入りメイドさん晒す改めて眺めてみるのが今回のテーマ。これを書こうと思ってお気に入りメイドさん何人いるか数えてみたら7人とかいう。うーんこの一人に決めきれないダメな野郎って感じ。
f:id:uzuyamamoo:20181120214624p:plain f:id:uzuyamamoo:20181120214638p:plain 7人もいると1枚のスクショに収めるのがアレだったので2枚に分けました。ここで名前を明かすのはアレなので仮に(1枚目左から)クーデレちゃん、ツンデレちゃん、ドSちゃん、(2枚目左から)真面目ちゃん、凛デレさん、文学少女ちゃん、小悪魔ちゃん、と性格で呼ぶこととしましょう(1枚目右の真面目ちゃんは比較用)。1枚目左→1枚目右→2枚目左→2枚目右というふうにカスタムした時期が新しいです。服装はメイド服だとイマイチ体型とかよくわかんねえなってことで画像のように。

とりあえず比較

まずは比較からしてみます。

  • 身長:ツンデレ(149cm)<文学少女(150cm)<小悪魔(151cm)<クーデレ=真面目=やまむー(153cm)<ドS(160cm)<凛デレ(175cm)
    参考までに筆者の身長との比較も。まあゲーム内での主人公のサイズはまた違うわけだが。
  • 胸:ツンデレ(77/A)<ドS=文学少女(86/D)<小悪魔(88/E)<真面目(90/F)<クーデレ(95/H)<凛デレ(107/M)
    こうやって並べると全体的に大きめね。数値とか気にせずビジュアルで盛ってカスタムしてるので、おそらく色んな作品の胸の大きさに変な影響受けてる気がする。凛デレさんは数値がOIKWSZK(105)をも超える模様。
  • 年齢:文学少女=小悪魔<ツンデレ=真面目≦クーデレ=ドS=やまむー<凛デレ
    ゲームで設定するところがあるわけではないので自分の脳内でだいたいこの辺という設定。きっちり年齢の関係とかは考えたことがないので、あくまでも目安。

解説

以下、どういう経緯でこうなったのかがわかるかもしれない個別の説明。

  • クーデレちゃん:一番初めにカスタムした娘。前作産。この娘は固まるまでの間に何度か弄ってる記憶がある。あんまり考えずに胸を大きくした結果巨乳と化す現象の始まりは間違いなくここだろう。この娘に関しては明確に同年齢という設定。身長が(現実の)私と同じなのも明確なこだわり。身長に関してはゲーム内の主人公でなく、現実の自分との数値の差を考えてカスタムしてるのは以下も同様。あとメガネっ娘

  • ツンデレちゃん:お気に入りの娘では2番目にカスタムした娘。前作産。この娘に関しては、低い身長・控えめな胸のツンデレとかいう、まあありふれてそうなイメージを具現化した。ということで明確な意図を持ってこういうふうにした記憶がある。年齢は多分同じ位という設定。メガネは赤のフレーム。これが多分一番お似合いという意思のもと決めた記憶。

  • ドSちゃん:お気に入りの娘では3番目のカスタム。前作産。身長に関しては高めにした。低めのSな娘というのも普通にありだが、高さに大人びた感じ(=自分よりしっかりしてる)というのを込めたのだと思う、おそらく。胸に関しては中間帯を目指して(数値的に)クーデレちゃんとツンデレちゃんの間を取った。これは意図的。年齢は同年齢という設定。メガネはつけることも考えたが、いまいちしっくり来なかったのでないです。

  • 真面目ちゃん:記念すべき新作1番目のカスタム。身長が自分と同じなのはクーデレちゃんと同様意図的。年齢が同年齢なのも同様。胸に関しては数値を特に気にせず盛っていったが、最終的にはクーデレちゃんよりは控えめに抑えた記憶。当然のようにメガネ装着。ちなみにあんまり考えずにカスタムしてたら前髪は切り揃えてないのに、後髪は切り揃えてるとかいう髪型になってた。

  • 凛デレさん:お気に入りでは通算5番目のカスタム。このときはかなり明確に「お姉さん」(notお姉ちゃん)をコンセプトにカスタムした。身長が高め、年齢が上なのはその反映。胸はこれまでに無いレベルを目指した。冷静になると流石に大きすぎる気がしなくもないが。メガネはいまいちだったのでないです。ちなみにお姉さん(お姉ちゃん)方面な性格が出ることに期待して凛デレさんのお姉さんという設定のカスタムもしてたりする。胸がより大きくなってさらに現実離れしているが。

  • 文学少女ちゃん:お気に入りでは6番目のカスタムになる。甘えたがりな性格ということで、身長はやや低めで、年齢は下という設定。目も他の娘と異なり、タレた感じで柔らかめに。胸は特に意図せずカスタムしたらドSちゃん並みになってた。文学少女ならメガネは当たり前だよなあってことでメガネあり。柔らかめな印象で。ちなみにウエストも比較的あるので健康的な気がする、多分。

  • 小悪魔ちゃん:お気に入りでは7番目のカスタム。年下で身長低めな小悪魔キャラ、やばくないっすか?っていう感じで。胸はもう少し控えめでも良かったかなあという気はありはしたが、胸の大きさは武器って感じにしたかったのでやや盛った記憶。もっと大きいのが結構いるが。メガネはうーんって感じだったのでないです。でもこの娘はファッションとしてオシャレに伊達メガネかけてるときはあるはずという妄想。この娘のステータス弄ってるとき、特徴に「ニンフェット」なるものが出てきたので、???となり調べてなるほどなあっていう記憶。

まとめ

こうして振り返ってみるとどこまで深く考えてカスタムしたのかよくわからないっていう印象。とはいえそれなりにこだわりはあるかなあって。今後もいろいろとコンセプトとか練ってカスタムしたい感はあるわね。
今回はここまで。